讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



業務用の讃岐うどんを使って業務効率化を

製麺作業で業務効率ダウン

うどん屋の業務は多岐に渡ります。生麺を提供しているお店なら製麺作業が大半を占め、接客から調理まで、一般的な飲食店よりも業務量が多いと言えます。少しでも多く販売するために、製麺用の機械を導入しているお店もあります。ただ機械を導入するだけでもコストが掛かり、お店にとっては大きな負担となります。コストの負担を減らすために、手打ちの生麺を提供するお店は少なくありません。


しかし、手打ちの生麺を提供していると、業務効率を上げることが難しいのです。製麺するために人手が必要になり、人件費が膨れ上がってしまいます。販売数を伸ばしても利益率が低いままで留まり、店舗拡大の機会も減ってしまうでしょう。生麺がおいしいうどんを提供するために必要な場合もありますが、ビジネスとしては成り立たなくなる可能性も考えられるのです。



讃岐うどんを効率良く提供

業務効率を上げるためには、業務用のうどんの導入を検討してみると良いでしょう。特に本場香川の讃岐うどんの麺なら、ワンランク上の味を提供することが可能になります。讃岐うどんは全国的にもメジャーであり、本場の香川では日常的に食されています。香川は手打ちの生麺を提供するうどん屋も少なくありませんが、業務用の讃岐うどんでも本場の味を再現することができるのです。



業務用の讃岐うどんを導入するメリットは非常に多くあります。まず製麺の作業が必要なくなり、人件費の削減が可能です。製麺は負担が大きく、お店の売り上げにも直結しています。またその都度作業が必要なことから、販売するメニューの種類にも影響が出てくるでしょう。業務用麺なら製麺作業がいっさい不要で、かつ販売するメニューを増やすこともできます。香川で親しまれている、本場の味を提供したい方にも向いています。



規模が大きいお店では機械を導入するケースもあります。しかし販売価格が高く、導入のために相当な額を投資しなければいけません。コストがお店の経営を圧迫してしまう場合もあるでしょう。業務用麺は原価も安く、利益率を上げることも可能になるのです。



香川まで行かなくても本場の味を提供できるほか、業務効率アップによる経費削減効果も見込めます。人件費が浮くことはもちろん、適正な人材配置が可能になります。店舗拡大や新たなビジネスチャンスを狙っているなら、業務用麺の利用も検討してみましょう。お店の売り上げを増やすためには、業務効率をいかにアップさせるかが大切です。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved