讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



讃岐うどんでお店を始めましょう

本場の讃岐うどんで新規開店

和食、養殖、中華など、飲食店と言ってもジャンルは様々あります。現在飲食店を始めようとしている方にとって大切なことは、どのようなジャンルに参入するかです。当然立地も重要ですが、お客様のニーズを掴めるジャンルで勝負することが成功の有無を分けます。軌道に乗せるには、どんな料理を提供するか考えることが大切です。


しかし、食は人それぞれ好みがあります。またジャンルにより利益率も異なり、場合によってはすぐ失敗する可能性もあるのです。多くの方のニーズを満たせて、かつ効率の良いジャンルが望ましいと言えます。


参入するジャンルに迷ったときこそ、うどん店を始めてみるのも良いでしょう。うどんは多様な麺類の中でも根強い人気がある国民食の一つです。特に讃岐うどんは全国的にも有名で、香川まで足を運ぶ方も少なくありません。本場の味を再現するにはうどんについて勉強する必要もありますが、業務用麺を利用すれば手軽に讃岐うどんを提供できるのです。


販売に集中できる魅力とは

飲食店を営業すると、様々な業務に追われることになります。接客や調理、そして売上管理まで、色々な業務が待っているのです。しかし業務用の麺を導入すれば、販売に集中することができます。通常うどんは製麺しないといけません。製麺は負担が大きい作業ですが、業務用ならその必要が無く、生めんの味を提供可能になります。讃岐うどんの本場である香川で食べられている味を提供できれば、一定のニーズを掴むことも難しくありません。生めんのようなコシと弾力のある香川のうどんを、製麺の手間を掛けずに提供できるのです。


製麺の作業も必要ないことから業務の簡略化も容易です。うどんはダシの作成、トッピングなど様々な調理行程があります。生めんを提供する場合は更に製麺も待っており、販売に集中することが難しくなるのです。うどんを打つ従業員の他にも、調理を担当する従業員が必要になります。その分必要な人手が増えてしまうのです。生めんは数時間で味が落ちてしまうため、その都度製麺しないといけません。手打ち生めんを販売する場合は、このような欠点もあるのです。


業務用の讃岐うどんを利用することにより、製麺作業が必要なくなります。人手を減らして調理行程も簡単になり、販売のみに専念できるでしょう。本場の香川では生めんも主流ですが、100%再現するには人手が必要です。しかし、業務用麺なら、香川へ行かないでも本場のうどんが食べられるようになります。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved