讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



【出展レポート】第6回販促EXPO2014

  • 7月9日~11日の間、東京国際展示会場(通称ビッグサイト東京)で開催された「販促EXPO」に出展しました。
  • 7月8日の午後に会場入りして、ブースのセッティングをします。
    今回の展示会はタイトル通り、販売促進に関する商品の提案になります。
    讃匠も、ノベリティで使って頂ける小箱のセット商品や、オリジナル性を前面に押し出したPBパッケージ商品を中心に、業務用の半生麺のセットを展示しました。
  • 夕方には準備を終えて、明日の開場待ちに無事なりました。
  • 今回の展示会開催期間の天気は、2日目と3日目に大型台風が直撃すると予報が出ていましたが、最終日は台風一過で朝から快晴でした。
    こうなると暑さが戻ってきて、昼間は真夏日になりました。
  • 7月9日は展示会初日で、台風接近のニュースが流れ、朝から天気も曇っていました。
    そんな中、開場と同時に沢山のお客様が来場されました。
  • 大阪のお客様で、ご夫婦で展示会視察に来られました。
    聞くと昨日昼間の仕事が終わって、それから車で来られたそうです。
    展示会場を見て回り、大変勉強熱心なお客様です。
    讃匠の商品は、ノベリティで色々な所に提案して頂いて利用して貰っています。
  • 三重県から来られたお客様です。
    もう3年来のお客様で、ノベリティで讃匠の商品を使って頂いています。
  • 2日目、3日目は台風が東京に再接近するとの予報でしたが、3日目の朝の会場入りするころには、このように快晴になりました。
  • 午前中から沢山の人出があり、讃匠のブースでもお客様の対応に追われました。
    販促EXPOなので、やはりお客様のお目当ては、ノベリティに使う低価格の商品がほとんどです。
  • 今回讃匠の提案した商品は、食品でどこにも売っていなく、お取り寄せしないと手に入らない、上質商品の提案でした。
    最近の傾向として、どこにもあるような文房具や飴や乾麺から、本物で上質商品に人気があるように感じられました。
  • 3日間の展示会が終わり、お客様が出た後各ブースで後片付けが始まります。
    この風景は、閉場後30分の様子です。
    早いブースでは、もう片付けも終わって誰もいません。
    大掛かりな飾り付けのブースでは、大勢の人数で重機を使って片付けています。
    30分前には、お客様で賑わっていたとは思えません。
    珍しい閉場30分の風景のレポートでした。
カテゴリー: 販促EXPO パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。