讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



東京都で業務用うどんを利用頂いている「板前寿司 新宿東宝ビル店」様


  • 板前寿司 新宿東宝ビル店に伺いました。
    板前寿司様は、国内で東京を中心に9店舗展開されている本格寿司店です。
    http://itamae.co.jp/

    今回うどんメニューを採用するという事で、讃匠の業務用生麺を使って頂けるようになりました。
  • JR新宿駅の東口を出て、スタジオアルタ横を通って真っ直ぐ進むと、新宿東宝ビルが正面に見えてきます。
    ここは、旧新宿コマ劇場があった所で、取り壊して映画館を中心に2015年4月17日に商業施設ができました。

    大きなゴジラのオブジェがある事でも、テレビで放映されていました。
    食べログの板前寿司 新宿東宝ビル店のページはここ
    http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13180988/
    開店間もない店なので点数は低いのですが、これから点数が上がってくるのは間違いないでしょう。

    ぐるなびの板前寿司 新宿東宝ビル店のページはここ
    http://r.gnavi.co.jp/fat90ctj0000/

  • 新宿東宝ビルの1階の商業施設には、最近話題になっているお店や流行っている最新のお店が出店しています。
    その中でも板前寿司様は、100席という大型店舗を構えていました。

  • 中央コンコースを通って店の構えはこんな感じです。
    寿司という和食の代表食でありながら、店の外観は近代的な構えになっています。
    入口上には、英語で店名が書かれていますが、国際的な感覚で作られたものだと思いました。
    年中無休で、1日23時間営業で残りの1時間は店内清掃の時間だそうです。
    眠らない街、新宿の新名所になりそうです。


  • 入口から店内に入ると、スタジアムデザインの店内で、明るくて清潔感が溢れています。
    左手には数人の板前さんが、忙しく寿司を握っていました。
    伺ったのが午後3時過ぎであったので、満席では無かったのですがお客様も美味しそうに食べていました。
    また右側の店内では、ガラッと雰囲気が変わった作りになっています。
    香港の板前寿司・板長寿司とも関係があり、大きなオブジェが飾ってあります。

  • このお店の売りはなんと いっても「マグロ」です。
    2008年~2011年の東京築地市場で行なわれた初セリで、”4年連続最高値”本まぐろを落札。
    初セリに限らず毎日営業で提供されるまぐろ も、生の本まぐろを使用ているそうです。
    メニューのトップページにも大きく「大間まぐろ」ととり上げられています。
    築地市場の「やま幸」さんから、生まぐろを仕入れているのですね。

  • 一番お勧めの、「マグロ尽くの寿司」を頂きました。
    大トロ・中トロ・赤身・ネギトロ巻きの豪華なセットです。
    一口パクリ!! さすが拘りのある生マグロです。
  • 一品は泉州水ナスと生ホタテの造りです。
    どちらも今が旬の食材です。
    泉州水ナスは、大阪の泉州から取り寄せて、生の茄子の刺身で出てきました。
    特別な甘辛い味噌をつけて食べましたが、皮を感じなくサクサクとしています。
    水ナスの謂れのようにミズミズしくて、香りも良く軽い梨を食べてる感覚になりました。
    ホタテも大きな物を4つ割に切って食べやすい状態でした。
    軟らかくてホタテ独特の旨みがあって、こちらも美味しかったです。
  • 6月19日より「新宿東宝ビル店」「六本木店」の2店限定で「太っ腹サーモン祭り」をやっています。
    http://itamae.co.jp/salmon/index.html
    なんと「江戸前サーモン」とあります。
    サーモンはチリ産・ノルウェイ産・アメリカ産・カナダ産が有名ですが、国産のサーモンもあるのですね。
    後で調べると、国産サーモンの方が1.5~2倍の値段がするようです。
  • そのメニューの右下に、「ざる讃岐うどん」¥420とあります。
    業務用麺を注文が入ると、1食づつお店で茹で始めて、茹でたてを出してくれます。
    もちろん注文して、しばし待っていると出てきました。
    紫の平皿に氷を敷き詰めてたバランの上にツルツルのうどんが出てきました。
    一目見て茹で立とわかる透明感があって美味しそうです。
    ざるうどんつゆも竹の緒口に入っているものが出てきて、薬味は白ネギとワサビです。
    讃岐では薬味は、細ネギと生姜ですがやはり関東ですね。
    一口食べると、モチ感もありコシもある本物の讃岐うどんで、満足の一杯になりました。
  • 板長の鈴木様です。
    若々しくて、対応も礼儀正しくて丁寧な対応をして頂けました。
    6月よりうどんメニューの提供を始めて、出方も順調のようです。
    食べたお客様からの評価も良いと嬉しそうに言ってくれました。
    これからも宜しくお願いします。
カテゴリー: 業務用麺 タグ: , パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る