讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



【繁盛店紹介】堺市 なごみ亭

  • 大阪でうどん店を新規開店された「なごみ亭」様を訪ねました。
    大阪府堺市堺区中安井町1丁-4-21
    電話:0722-38-3660
  • 堺市立病院の北東の道に面しています。
    昨年まで飲食店をされていて、そのお店の内部を改造して、25席の本格讃岐うどん店として昨年暮れにオープンしました。
    入口左の大きなガラス前に、「讃岐うどんお食事処 なごみ亭」の大きな垂れ幕が下りていました。
    紫色の綿生地に白抜きの「なごみ亭」の大きな文字!味のある書体ですね。
  • nagomitei02
  • 入口左の大きなガラス前に、「讃岐うどんお食事処 なごみ亭」の大きな垂れ幕が下りていました。
    紫色の綿生地に白抜きの「なごみ亭」の大きな文字!味のある書体ですね。
  • 店内に入ると、若い女性に案内して頂き、カウンター席へ。
    セットメニューもランチではあるようですが、当日はとても寒い日だったので「あんかけうどん」¥600を注文しました。
    しばらく待つと、案内して頂いた女性が「今から麺を茹でるので10分程度かかりますが大丈夫でしょうか?」とのこと。
    もちろん茹でたての美味しいうどんが食べられるとの期待で「大丈夫です」の返答。
  • 10分程待つと出てきました「あんかけうどん」
    見るからにトロミのあるだしの中に、うどんやかまぼこやネギが浮かんでいます。
    丼の中央には、おろし生姜がのっていて美味しそうです。

    以前はかけうどんの中に大量におろし生姜を入れて食べると「風邪薬」になると言われていたのを思い出しました。
  • トロミのあるだしの中からうどんを引き上げると、見るからに透明感のあるツヤツヤのうどんが箸で上がってきました。
    フーフーとしながら一口すすると、少し細めですが4角の角の立ったモチモチの麺で、とても美味しかったです。
    寒いこの時期にはトロミのあるかけだしでたべる「あんかけうどん」は最高の御馳走でした。

  • 女性オーナーです。
    お客様は病院が近いせいか、看護婦さんのグループやお見舞いにきたグループの人が多いそうです。
    さすが女性のオーナーだけあって、店内の棚には大きな花瓶に花が飾られていました。
    女性のお客様が多いので、とにかく拘りのあるメニューの開発に力を入れているそうです。
カテゴリー: 繁盛店紹介 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。