讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



【繁盛店紹介】ラーメン凪 煮干王 新宿ゴールデン街店本館

  • 今夜は煮干しラーメンで有名な「ラーメン凪 新宿ゴールデン街店本館」様に伺いました。

    東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 2F
    電話:03-3205-1925

  • 新宿区役所交差点から新宿ゴールデン街に入り、昭和を思わせるような街道を進んでいくと数人の行列が見えてきました。

  • 行列の上を見ると、ラーメン凪の提灯が灯っています。


  • お店の前に行くと、さらに細い路地に行列ができています。
    人とすれ違いできるギリギリの細さの路地(通路?)ですが、狭い路地を入って行き一番奥に並びました。

  • ほどなく待って階段下まで進んでくると、「煮干しが嫌いな方 ご遠慮ください。」スタッフ一同 凪の赤い目立つ電飾スタンドがあります。
    これを見るとどれだけ煮干しを使っているのかと思います。
  • 自分の番になり階段上から呼ばれて、狭い急な階段を上って、店内へ。
    10席のカウンターだけのお店で、年中無休24時間営業。
    「すごい煮干しラーメン¥850」と「味玉¥100」の食券を買い案内されたカウンター 席へ

  • テーブルの上には箸立てがあり、焦げたような太めの箸が沢山ありこの店の雰囲気を出しています。

  • カウンター正面には、大きな看板に味のある筆文字で書かれています。
  • 1杯のラーメンに煮干50gを使って、濃厚かつ丁寧に仕上げた煮干ラーメンは絶品。
    麺とのマッチングも絶妙。ラーメンとつけ麺、どちらも煮干の魅力を余すことなく伝えてくれる珠玉の一杯。

    これは期待と不安が入り混じりました。
    カウンター内の厨房の茹で場では、麺茹での前にストレート麺を握ってはテーブル上に投げつけています。
    これで麺にウェーブがかかり、つゆのりが良くなります。
    何度も投げつけて手揉み効果も出しています。

  • 出てきました、これが噂の煮干しラーメン!
    少し茶色めのスープに幅広の透明感のある麺が上に乗り、その上の中央部に煮干しを煮込んだ香味油か?
    ザク切りのネギも味玉も良い感じです。


  • まずはレンゲを使ってスープを一口!
    来ました最初から煮干しの強い味と香り、でも魚臭さは全然有りません。

    次に幅広麺を横にどけて中から麺をすくい上げると、少し太めの縮れ麺が出てきました。
    モチモチしているのにコシもあり、煮干しスープが良く絡んでいます。

  • 次に幅広麺です。
    幅が4cmほどある長い麺です。
    その上に、煮干し香味油が乗っていたので、煮干しの香りが一層引き立ちます。
  • 讃岐うどんでは、煮干しのだしが基本で食べ慣れているのですが、これほど煮干しの効いたスープは初めてでした。
    店前に置かれた「煮干しが嫌いな方 ご遠慮ください。」の電飾看板は間違っていなかったです。
    煮干し大好きな讃岐人にとっては、また行ってみたいお店でした。

カテゴリー: 繁盛店紹介 タグ: パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。