讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



【讃岐うどん普及活動】「家庭で食べる美味しい讃岐うどん」教室レポート

  • << 「家庭で食べる美味しい讃岐うどんの調理方法」の教室 >>

  • 今日は有名企業さんの女性事務員さん相手に「家庭で食べる美味しい讃岐うどんの調理方法」の教室を2日間かけて開催しました。
  • 1回30分で8回茹でてレクチャーしました。
    家庭で調理するのが目的なので、少し狭い厨房で1回に12人相手の講習です。
  • << 半生うどんを美味しく茹でる時のポイント >>

  • ・湯の量は半生うどんの重量の10倍以上
    ・茹で始めると不必要にかき回さない
    ・うどんがお湯の中でゆっくり対流するぐらいの火加減にする
    ・タイマーを使ってきっちり茹で時間を計る
    ・茹で上がると素早く流水で麺を冷やす。
    ・沢山の水を使って、よく揉み洗いし麺表面のヌメリをとる
    ・ボール内で水洗いする場合3回は水を替える
    ・水洗いの麺は、最初ヌルヌルで、ツルツルになれば終わり
    ・水洗いが終われば、素早く容器に盛り付けて早く食べる
  • 等々説明しながら実際の茹で、水洗いを実践しました。
    水洗いには代表の人に、実際やってもらってヌルヌルとツルツルの違いを体験してもらいました。
    茹であがって盛り付けた麺を見てもらったのですが、透明感がありツルツルしていて艶っぽいうどんとお褒めの言葉を頂きました。
  • その後は少しづつですが、冷たいぶっかけうどんにして試食して頂きました。
  • 皆さんワイワイ言いながら、ツルツルとうどんを食べてくれました。
    皆さんに聞くと、一番水洗いの揉み洗いをしっかりとするのができていなく、本日見せたようにすると味が全く違ったうどんになると驚いていました。
  • このように、少しづつではありますが家庭で美味しく調理する方法を広げていきたいと思っています。
カテゴリー: 讃岐うどん普及活動 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る