讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



「食品衛生教室」及び「消費者、営業者、及び行政担当者による三者会談」

  • << 讃匠工場見学およびゆで方教室 >>

  • 2012年8月28日 火曜日
    平成24年度「食品衛生教室」及び「消費者、営業者、及び行政担当者による三者会談」が、弊社株式会社讃匠と香川県中讃保健所で開催されました。
  • 香川県中讃地区7カ所の、商工会議所女性部、食生活改善推進員リーダー様41名と、中讃保健所、中讃食品衛生協会の人達10名と総勢51人が来られました。
  • 51名と大人数なので、2班に分かれての見学になりました。
    見学通路から、中で製麺している工程を見ながら説明していきます。
    本格だし製造室、生ラーメン製造室、日本そば製造室、惣菜製造室、半生うどん製造室の見学になりました。
    食に関心の高い人々なので、衛生状態の確認もして頂きました。
  • 讃岐うどんのできるまでを、工程別に見学しました。
    ミキシング → 第1熟成 → 鍛えプレス → 第2熟成 → 圧延ロールカッター → 冷風乾燥 → 計量包装 皆さん覗き込むように熱心に見学されています。
  • 同じ建物の中に、㈱大和製作所があります。
    大和製作所はうどんを作る製麺機のメーカです。
    うどん店様向けの小型製麺機では日本でトップメーカで、そちらの製麺機の説明もしました。
  • こちらは別の班で、「家庭で美味しいうどんの茹で方」セミナーも開催
  • 茹でるうどんの量の10倍以上の水を使って、茹で上げます。
        鍋はこの大きさだが、水が少なかった
    麺を入れて1度噴き上がったら火力を弱めて噴きこぼれないようにする
        ベテランの主婦でも、噴きこぼれないように差し水をしていた。
    火力の力で自然に麺がゆっくりグルグル回るように調整したら箸ではかき混ぜない。
        箸でかき混ぜていた。
  • 茹であがったうどんを、少しづつですが試食して頂きました。
    讃岐うどんの薬味としては、細ネギ、黄金生姜が付きものです。
    だしも本格冷ぶっかけだしが、好評でした。
  • 香川県中讃保健所に全員で移動し、3者座談会を開催
    食品添加物の事や、化学調味料を使ってない事を説明すると皆さん驚かれていました。
    毎日の設備の掃除時間のことも聞かれ、毎日2時間~2時間半かけてやってますと説明
    活発な意見交換会でした。
    消費者との意見交換ができて、とても勉強になりました。
カテゴリー: 讃岐うどん普及活動 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。