讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



【讃岐うどん普及活動】讃匠のうどんを使った給食イベント

  • << 讃匠のうどんを使った給食イベント >>

  • 2013年4月に、坂出市にある大手企業様の給食イベントのお手伝いに行きました。
    この事業所では以前は冷凍茹で麺を使っていて評判が悪く、次に同じ市内の製麺所から茹で麺を仕入れていましたが、食べる時には茹で上げ後数時間 経ってるために茹で伸びしたうどんでこれも評判が悪く、どうしても讃岐うどんの本場なので、茹でたてを提供したいとの要望が多く、亀城庵の生うど んを持ち込んでのイベントになりました。
  • 事前に告知もして頂きました。
    A定食(本格さぬきうどん、小鉢、とり飯)で¥300!
    安いですね。
  • 11時30分から提供開始なので、11時過ぎから茹で始めました。
    大きな調理用の茹で釜が2基、両方使って一気に茹で上げます。
    と言っても12時過ぎには、一斉昼食休憩に入るので、提供場所では長蛇の列です。
    12時15分には少しあった茹でたうどんの在庫もゼロ近くに減り、茹で釜2基もフル稼働!
  • 12時40分頃の少し落ち着いた提供場の様子です。
    給仕する人が、手早くうどんを湯煎してだしをかけて提供していました。
    13時30分過ぎには、ほとんどお客様がいなくなって、今日のA定食を食べました。
  • かけうどんに天ぷらの小鉢、味付けキツネが2枚、とり飯、これだけ付いて¥300 とは本当に安いですね。
  • 食べたお客様談では、やっぱり茹でたてのうどんは美味しいとの評価で、嬉しいですね。
    こういったイベントにはどんどん参加したく思っています。
カテゴリー: 讃岐うどん普及活動 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る