讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



【讃岐うどん普及活動】東京都での讃岐うどんセミナー

  • << 東京都での讃岐うどんセミナー >>

  • 2013年11月23日、東京都内の某所において、約30名を相手にさぬきうどんセミナーを開催しました。
    大型のレストランを昼間借り切ってのセミナーになりました。
  • まず最初に、讃岐うどんの歴史や特徴、更に讃匠のうどんの特徴を20分かけて説明しました。
    お店の提供スタイルも、今流行りのセルフうどんタイプやフルサービス、製麺所での提供スタイルがあり、それぞれ理由があって残っていると言う事を説明しました。
  • 次に半分に分かれて頂いて、15人相手に茹で方の実践をしました。
  • 茹で時間が8分と短いので、その間に茹で方のポイントをレクチャ−しました。
    *湯の量は、うどんの重量の10倍必要。
    *茹でてる途中の火加減は、中の麺がゆっくり対流するぐらいに調整。
    *不必要にかき混ぜない。
    *決して差し水はしない。
    *茹でる時間はキッチンタイマーできちんと計る 等々
  • 8分茹で上げた後、麺を水で洗う為にシンクのある場所に茹で上げた鍋を持って行き、水を流しながらゴシゴシ麺洗いします。
  • その時にも麺洗いの注意点をレクチャ−しました。
    *できるだけ早く麺の中心温度を下げる。
    *茹でた麺の表面に付いているヌルヌルした澱粉を、ゴシゴシ揉み洗いして水が綺麗になるまで、最低でも3回は水を替える。
    *最後に茹でた麺の茹で延びを防ぐために、氷水に麺を入れて麺を〆る。
  • 茹でて水洗いした後、ホールに戻り試食タイムです。
    少しづつ小皿にうどんを入れて、讃岐の細ネギ、高知県産の黄金生姜を載せて、本格冷ぶっかけだしをかけて食べて頂きました。
  • 茹でたての透き通ったうどんを見て、今までのうどんと全然違う!
    モチモチツルツルとした食感が全然違い、こんなうどんを食べたのは初めて!
    この冷ぶっかけだしが美味しい!
    ネギも生姜も東京に無い、どこで買えるの?
    という声があちこちで上がりました。
  • 最後に、讃匠の使命は繁盛店支援会社で、最終店舗様の繁盛のお手伝いをする会社です。
    メニュー開発から薬味も含めた、原料供給のお手伝いをしていきます。
    どんな要望でも申し付け下さいとしめました。
    沢山の人に、家庭でもできる美味しい讃岐うどんの召し上がり方を伝えられたと実感いたしました。
カテゴリー: 讃岐うどん普及活動 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved