讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



【業務用うどん】東京都で業務用うどんを出している「手打ちそば 睦」さん

  • < 東京都で業務用うどんを出している「手打ちそば 睦」さん >

  • 今日は東京都のJR東中野駅前にある、手打ちそば 睦 様に伺いました。
  • お店はビルの1階にありますが、奥まった位置にある為隠れた名店の雰囲気を醸し出しています。 住所: 〒164-0003 東京都中野区東中野4丁目4−5 東中野アパートメンツ 1F
    電話:03-5389-1450
  • お店に入ると、いきなり蕎麦を挽く石臼が出迎えてくれました。
    その上には本日の使用している蕎麦の産地の表示があります。
    後で御主人に聞くと、毎日使う蕎麦だけ朝早くからこの石臼で挽いて、すぐに蕎麦打ちするそうです。
    美味しい蕎麦の3たて(挽きたて、打ち立て、茹でたて)を忠実に守っているんですね
  • お店は20席ほどの大きさで、早速席についてもり蕎麦を註文。
    ほどなく出てきたのが、この写真の商品で、完全手打ち蕎麦らしく美味しそうに見えます。
    何もつけずに一口食べると、口の中に蕎麦の香りがして手打ちと納得。
    石臼で挽いたのが解るような粒感もありました。
    ゆっくり噛みしめながら少しづつ楽しみました。
    つけだしも、節の効いただしで蕎麦湯で薄めて全て飲み干しました。
  • 最後に御主人と少しお話ができました。
    御主人は脱サラをして、このお店を始めた。
    なぜ蕎麦屋かというと、単に蕎麦が好きだったから。
    最高に美味しいそばを自分も食べたいので、手打ちを習って開店したそうです。
    原料も挽きたてを守るために、石臼の機械を入れて毎日挽いてる。
    その手打ちそばの味に魅了されて多数のお馴染み様ができたそうです。
    その中で1~2割の人が、うどんの方が良いという人もいて、蕎麦とうどんの両方を仕込むのが難しい。
    店名が手打ちそばなので、うどんは讃匠の生うどんを仕入れて頂いています。
    そのうどんにもお馴染み様が付いて頂いてるようで、ありがたい事です。
    とても真面目な御主人の原田様でした。
カテゴリー: 業務用麺, 飲食店向け提案 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。