讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



【繁盛店紹介】茨城県を中心に45店舗を展開している「板東太郎」さん

  • < 茨城県を中心に45店舗を展開している「板東太郎」さん >

  • 茨城県を中心に栃木県、埼玉県、千葉県で45店舗を展開している大型の麺類店の板東太郎に行きました。
  • 本部である株式会社板東太郎は、このタイプの飲食店の他にも、とんかつのかつ太郎、蟹の八幡太郎、寿司の海のさむらい、旬菜のひな野 等々の外食レストランを多数展開されています。
  • 会社の経営理念が「親孝行[人間大好き]を実践します。
    社会に貢献できる人づくりを目指します。」です。
  • 「私たち坂東太郎は、お客様の満足を第一と考え、私たち坂東太郎は、与えられた役割を果たし、働く仲間の幸福を追求し、地域一番店を目指し、今日も一日喜びを求めて頑張ります。」
  • どのお店も家族連れをターゲットにした店造りで、テーブル席も大きくてゆったり食事ができるようになっています。
    人間大好きをテーマにしているだけあって、おじいちゃん、おばあちゃん、若ご夫婦、お孫さんが一緒に楽しく食事ができるようなメニュー作りにも拘っています。
  • メニューは季節メニューも提案していますが、板東太郎の人気メニューは何と言っても「味噌煮込みうどん」です。
    江戸時代初期から十八代伝わる『カクキュー』の蔵の中で足掛け3年も熟成させた特別時込の八丁味噌を中心に、自社工場内で独自のブレンドに仕上げています。
  • 私は辛いのが好きなので「激辛ネギみそ煮込みうどん」を注文しました。
    大きな熱々の鉄鍋に、沢山の野菜、焼き豆腐、餅と中央に真っ赤な辛子ネギがのっています。
  • 食べる前から味の想像ができて体が熱くなってきます。
    味噌鍋の中に箸を入れると、中から美味しそうなうどんが出てきました。
    うどんサイズも標準的な太さですが、鍋が大きいので細いうどんに見えてしまいます。
    とても最後まで完食出来そうもないと思って食べ始めたのですが、辛い中に味噌の美味しさがあって、最後まで食べきれました。
    食べきった時には汗が噴き出ていました。
    とってもとっても温まりました。
カテゴリー: 繁盛店紹介 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。