讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



PBで讃匠のうどんも販売している「おふくろ弁当」さん

  • 茨城県に3店舗、福島県に1店舗のお弁当屋を展開しているおふくろ弁当様が、茨城県に本格うどん店をオープンしました。
    住所:茨城県北茨城市中郷町下桜井974
    電話:0293-42-4741
    おふくろ弁当様のHPはこちら(別ウィンドウで開きます)
  • お店は茨城県東部の国道6号線沿いにあり、道路沿いには大きな「釜揚げうどん」の看板が立っています。
    大きな駐車場の奥側には、純和風の大きなお店が見えます。
  • 主な食材であるうどんも、店内製麺をしています。
    大和製作所の製麺機を厨房内に設置し、お客様の見える所で製麺をしています。
    女性パートさんだけで運営されていて、製麺作業もパートさんが丁寧に作っています。
  • 製法も本場讃岐うどん作りの製法の長時間二段熟成製法で、2日間かけて丁寧に作っています。
    ここに見えるのは、左が原料の小麦粉で、右は麺生地を寝かせている熟成庫です。
  • 入り口には大きな立て看板があり、主力商品が一目瞭然で解るようになっています。
    消費税が8%に上がった状態でも、かけうどんの小が¥230と安い設定になっています。
    本場讃岐と変わりません。
  • お店に入ってカウンター上には揚げたての天ぷらが並んでいます。
    少なくなれば店内側にフライヤーがあり、パートさんがすぐに補給して、常時アツアツの天ぷらが並ぶようになっています。
  • カウンターをぐるっと回ると、次にうどんを注文します。
    かけうどんと注文すると、パートさんが茹であがったうどん玉を手ボウに入れて湯煎して丼に入れ、温かいかけ汁を上からかけて提供してくれます。
  • かけうどんと、アツアツの大きな薩摩芋の天ぷらと、今人気のカシワ天を頂きました。
    天ぷらが薄衣でサクサクしていて、とても美味しかったです。
  • 最後に清算して、好きな席に着きます。
    このお店は80席もある大型店で、丁度伺った時には昼の3時過ぎだったので空席が目立っていました。
    通路も広く清潔感あふれる店内で、これなら女性の1人でも安心して食べに行けそうです。
  • 壁には「正直な無添加麺」「二重のつゆ」「こだわる筑波産米」「伊達鶏と卵」へのこだわりの立派な額縁がかかっています。
    ご主人の、色々な物へのこだわりが伝わってきます。
  • レジ横にはお土産うどんが並んでいます。
    上に並んでいるのは2~3食入りの箱入り手土産で、下には贈答用の商品が並んでいます。
  • ご主人の鈴木様です。
    ご主人のうどんに対する情熱が凄く、良い物を沢山食べてもらう事を願っていると、熱く語って頂きました。
カテゴリー: プライベートブランド, 企業向け提案 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。