讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



神奈川県横浜でPBうどんを出している「頑陣」さん

  • 今日は横浜市関内にある
    自家製饂飩頑陣さんに行きました。

    以前の記事はこちら※ページ下部へ移動

    以前は横浜港南区の鎌倉街道沿いにありましたが、関内に移転して1ヶ月だそう です。 大通りから路地に入った所にお店があります。 外観も黒塀で上質感が漂っていました。

  • 11時30分開店で、丁度に行ったのですが、先客3名。
    お薦めは「丸ごと穴子ちくわ天ぶっかけ」の季節限定と聞き、発券機で購入し注文。

  • 自家製うどんと謳ってるように、入り口右側に小麦粉が積まれていて、 厨房内には製麺機が置かれています。

  • 店内にはジャズが流れて、黒色を基調にした店内とマッチしていました。
    面白いのが、テーブルに置かれてある
    【生たまご】がサービス!

  • カウンター越しにご主人が、銅鍋を使って丁寧に天ぷらを揚げています。 注文を受けてからうどんを茹で始め、天ぷらを揚げてくれます。 待つことしばし、配膳されてきました。
    丼の中に穴子の1本揚げとちくわ天が、立ち上がってました。

  • 中からうどんを引き上げると、国産小麦100%で作られたエッジの効いたうどんです。
    モッチリしてコシの強い美味しいうどんです。 天ぷらもサクサクで、胡麻油も入ってるようで香りも良く、美味しい!

     ◆ ◆ ◆ 

    12時になるとお客様が並ぶようになったので、おいとましましたが、移転1ヶ月 でこれだったら、きっと繁盛するでしょうね。
    ご馳走さまでした。

過去の記事はここから

  • 今日は横浜港南区の鎌倉街道沿いにある「頑陣」様に伺いました。
    自家製うどん 頑陣
    神奈川県 港南区 日野南 2ー21ー8
    電話; 045ー835ー3678
  • 伺ったのはオープンしてまだ 1週間後で、新店の良い香りがしていました。
    11時30分から14時30分までの営業時間ですが、少し慣れてきた10月からは夜の営業も考えているようです。
    伺ったのは開店時で丁度スタッフさんが暖簾をだしていました。
    お店の入り口には、自家製国産小麦生うどんの大きな暖簾がかかっています。

  • お店に入ると、中央に大きな杉の木のテーブルが有り、右側には4人掛けのテーブルが並び、全部で24席有りました。
    中央の大きなテーブルは 、1枚板で10人が 掛けられ、店主の自慢の家具だそうです。
    客席から厨房内は、配膳カウンター越しに見え、また厨房奥には製麺機も見えています。
    実際にうどんを作っているところや、茹でているところが見えるようになっています。

  • 提供メニューは、7種類でどれも店主のこだわりのあるものばかりです。

     ◆ ◆ ◆ 

    うどんも出汁も原料は全て国産品を使い、化学調味料は全く使っていないそうです。

  • 一番人気の「車海老と野菜のカレーうどん」を注文しました。
    注文が通ってから、茹で始めたり、天ぷらをあげるので少し待ちますが、一番美味し出来立てを提供してくれます。

     ◆ ◆ ◆ 

    白い大きな容器の中に、カボチャ・人参・薩摩芋、ピーマン・茄子・舞茸の天ぷらが並び、その中央に車海老の天ぷらがデーンと置かれています。
    跳ね除けの紙エプロンもついてきてありがたいですね。

     ◆ ◆ ◆ 

    カレールーは少し粘りの強いもので、最初の一口から旨味を感じられました。
    うどんは国産小麦100%を長時間ニ段階の熟成をして作っているだけあって、武蔵野うどんのような硬さでは無く、粘りとコシが両方有り、とても美味しかったです。

  • 入口のレジ横には、
    手土産用の物販棚が有り、無化調のカレールー・お土産用の半生うどんセット・ 白だし・万能茶・ 醤油と化学調味料の入っていないこだわりの商品ばかりがきれいに並べられてます。

  • ご主人にお願いして、厨房内の製麺機を見せて頂きました。
    大和製作所製で ステンレスの外装で、捏ねるから包丁切りまでこれ1台でできる優れた麺機です。

  • ご主人の青木さまです。
    とても研究熱心で、健康と顧客満足を一番に考えられているご主人様でした。

     ◆ ◆ ◆ 

    落ち着いた店内の雰囲気の中で、ゆったりとした時間をかけて美味しいうどんを食べることができました。
    ごちそうさまでした。

カテゴリー: プライベートブランド パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved