讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



東京都で業務用うどんを出している「神楽屋」さん

  • 今日は神楽屋様に伺いました。
    東京都台東区浅草2ー13ー10 幸楽ビル1F
    電話;03ー3841ー1719 遠藤店主
  • 東京の浅草浅草寺の脇を西に入り、花やしきの前を通り、県道462号線の手前を右折したら神楽屋様が見えてきます。
    建物上にも大きな看板が見えますが、通りにも素敵なロゴの店名看板が出ています。
  • 今までもつ鍋や一般的なメニューの居酒屋でしたが、9月に入って改装し、メニューも焼き鳥専門の居酒屋でリニューアルしました。
    さらにランチで「鶏天うどん」メニューだけに絞り、9月28日よりリニューアルオープンをしたばかりです。
  • 入口には看板が立っていて、「本場讃岐より製造直送」「讃岐うどん」のPOPと、「鶏天うどん」¥580 のPOPが目立っています。
  • ※このようなメニュー、ポップも無料でご用意いたします。
    詳しくは、こちらをご確認ください。
  • 入口を入ろうとしたらブルーの「台東区 浅草二丁目13」の立て看板が・・・
    この辺りには外国人観光客が多く、その人達には良いのでしょうね。
  • 現在は「鶏天うどん」¥580 だけのメニューでランチ営業をされているが、これから馴れれば人気メニューを増やしたいが、鶏が強いので鶏と関係あるメニューにしたいそうです。
    オーナーは他にも居酒屋を数店経営されていますが、今後うどんメニューを他店の居酒屋にも広げていきたいそうです。
  • 玄関扉を開けて中に入ると、木目調の落ち着いたテーブルと椅子が出迎えてくれます。
    テーブルと座敷を合わせてゆっくり30席のお店です。
    壁掛けテレビもあり、飲みながらスポーツ観戦もできるようです。
  • 早速「鶏うどん」を注文ましたが、注文後うどんを茹でているようでしばらく待っていると、出てきました。
    鶏の天ぷらと言っても、ほとんど天ぷらの衣の付いていない物でした。
    その分、脂っこくなく最後まで鶏の新鮮な味を味わえました。
    うどんも茹で立で、透明感がありツヤツヤモチモチのうどんで、薄口しょうゆを使った色の薄いかけだしに、白髪ネギと葉ネギ、花かつおがマッチして最後まで飲み干せました。
  • 店主の遠藤さまです。
    とても明るくて、勉強熱心な店主様でした。
    これからの新メニューや、新しい展開を考えられているようで、楽しみです。
カテゴリー: 業務用麺 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る