讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



【繁盛店紹介】京つけめん つるかめ六角さん

  • 11月中旬に京都に行きました。
    この時期京都は紅葉観光の真っ最中で、沢山の観光客が街中に見受けられした。
    鴨川の横の街路樹も赤く色付いていました。
  • 三条大橋の上からの写真ですが、観光客がやはりこの風景写真を撮っていました。
    三条大橋から歩いて数分の所に、京つけめん つるかめ 六角様のお店があります。
    京都市中京区新京極通六角東入松ヶ枝町456-3 中野ビル 1F
    営業時間: AM11:00~PM10:00(L.O.21:50)
  • つけめんの暖簾をくぐって中に入ると左に食券機があります。
  • その横にはこんなPOPが掲示しています。
    「魚介醤油つけめん」「西京味噌坦々つけめん」「旨辛つけめん」の3種類がお薦めメニューのようですが、どれも麺の大盛りも同料金のようです。
  • 食券機の前で、仁王立ちでしばらく悩んで「西京味噌坦々めん」に決めました。
    麺の量は200gでお願いして、しばらく待つと出てきました。少し太めの自家製麺だそうです。
    つけ汁は西京味噌が沢山入っている上に、ネギと白ゴマ、黒ゴマが乗り、ラー油を回しかけしています。
  • ラー油が沢山入ってるようで辛いのかと思ったのですが、西京味噌の甘味とマッチして美味しく、ウェーブのはいった麺によく絡み美味しかったです。
  • 麺を食べ終わっても、西京味噌のつけ汁が余ったので、〆飯¥100を追加注文しました。
    写真を撮り忘れたのですが、小茶碗の中にご飯を盛って、中心に卵の黄身が乗った物が出てきました。
    卵の黄身を割り、西京味噌のつけ汁を掬いかけて最後まで美味しく頂きました。
    こういったサービスはつけ汁が美味しくないとできない事ですね。
  • 店舗運営の責任者の松本様です。
    とても真面目で拘りをもった食材を使っているのが、商品を見てわかりました。
カテゴリー: 繁盛店紹介 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。