讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



長野県でPBうどんを販売している「 田りた麺之助」様

  • 今回は2回目の訪問で、前回は昼に来たのでこんな素敵な田園風景が広がっています。 前回4月末に伺った時には、リンゴやナシの花が咲いていました。
  • 信州長野県中野から国道29号線を登っててる途中の退避場に店舗があります。 退避場が国道より少し下がった所にあるので、見難いのですが夜ならこんな感じのお店です。
  • 丸いうどん提灯の横を通り、中に入ると奥には小上がりの座敷があり、 手前には4人掛けテーブルが2個と、カウンター4席のこじんまりとした店内です。 元々ラーメン店だった所を居抜きで借りて、店主自ら率先して店内改良をしたそうです。 座敷席の奥の窓からは、広大な田園風景が見えるのですが、生憎夜だったので民家の明かりがポツポツとしか見えませんでした。
  • テーブルに付きメニュー表を見ると! 「カレーうどん」「親子うどん」「他人うどん」の大きなカードメニューが! 他にもうどんメニューがあるのですが、店主のお薦めメニューと言う事が解るので、 それぞれ注文しました。
  • このお店は、注文を受けてからうどんを茹で始めるようで、茹で立の提供で期待できます。 生麺を茹で釜に投入して撹拌し、うどんの茹で具合や火加減を真剣な眼差しで見守っています。 カウンター越しに茹でている所が見えるオープンキッチンなので、安心でき、もうすぐ提供されると言う事も解ります。
  • うどんが提供されるまで店内を見回っているとなんと!!! イリコの素揚げしたものと、赤緑の葡萄が置かれています。 「ご自由にお取り下さい」 うどんだしを取った後のイリコですが、素揚げするとまだ出しの香りもするし、ポリポリと美味しかったです。 葡萄は御主人の自宅で栽培しているもので、無農薬栽培なので安心して食べれました。葡萄の取り放題!って本場でないとできない事ですよね。
  • ほどなく待っていると大きな丼が3杯運ばれてきました。 手前左からカレーうどん、他人うどん、親子うどんです。 カレーうどんにはさつま芋の素揚げしたものが2枚入っています。 どれも茹で立のうどんが入っているので、とても美味しくて温まりました。
  • 今回は3人で伺ったので、お薦めメニュー3種類で丁度よく、満足しました。 食べ終わり、レジで支払っているとレジ前にはお土産のおうどんが! 左横には丁寧な茹で方のパンフレットが置かれています。
  • 御主人に写真を頼むと快諾して頂き、お土産麺を手にパチリ。 とても若いご主人ですが、真面目で提供するうどんに真剣でした。 チラシ等の宣伝も一切せずに、口コミで徐々に広がっていってるようです。

    こういった真面目なお店は応援したくなりました。
カテゴリー: プライベートブランド パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る