讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



吉祥寺で業務用うどんを利用頂いている「魚金」様

  • 東京都内で居酒屋と言えば、まず「魚金」を思いつく人が多いのではないでしょうか。
    新橋を中心に魚金グル―プで30店舗を展開していて、31店舗目に吉祥寺でランチを始めるという事で、業務用生麺の引き合いがありました。

    魚金さんのHPページはこちら
    http://www.uokingroup.jp/
    魚金さんのFBページはこちら
    https://www.facebook.com/uokin0055

    東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-1 葡萄屋ビル1F B1F
    電話:0422-28-6170

    東京都内では知る人ぞ知る魚金さん。
    魚金さんのHPより
    『古くから日本の食卓に欠かす事の出来なかった「魚」ですが、日本人の生活環境や自然環境の変化により少しずつ食卓から遠のいてしまっています。
    「魚金」は新鮮で安心・安全な海の幸を毎日毎日大切に丁寧に調理しお届けする事で皆様のお役に立ちたいと思っています。』

    魚金さんの一番の魅力は、なんと言っても「新鮮で驚きのボリューム!!」です。

    毎日仕入れ部が築地市場から新鮮な魚介類を仕入れ、圧倒的なボリュームとお手ごろ価格で提供しているとありましたが、納得です。

  • 新店の場所は吉祥寺。
    日本一住みたい街で有名で、小さなお子さんからお年寄りまで沢山の人で賑わっていいます。
    JR吉祥寺北口を出て、サンロード商店街を通り、東急百貨店横の葡萄屋ビルにお店があります。

  • お店の中央には大きな看板で「魚金」とあり、両側には「西一条うおきん」の文字が並んでいます。
    1階と地下1階の2フロアーで営業していて、両方で73席と大型の居酒屋さんです。
    カウンター席は11席あるので、1人でも気軽にいけるお店です。


  • 今までの魚金さんでは、年中無休ですが夕方から深夜にかけての営業でしたが、今回西一条店で始めてランチ営業の試みです。
    1回目の訪問では、ランチを始めた3月中旬に伺いカウンター席に着座しました。
    当たり前ですがオープンキッチンで、カウンター越しには板さんが夜の仕込みでしょうかキビキビと働いています。
  • こういった動きをみると、きっと美味しいのだと期待し、オープンメニューの「冷たいうどん」を注文しました。
    出てきたのが、この写真です。大きな丼にツヤツヤの茹で立てうどんで、野菜のかき揚げ1個と、鯖の押しずしと、肉ゴボウの具材が付いてきています。

    つけ汁に肉ゴボウの具材を入れて、冷たいうどんを漬けて食べると最高に美味しい!
    野菜のかき揚げも、つけ汁につけて美味しく頂けました。
    鯖の押しずしが付いているのも嬉しいですね。
    うどんは専用の茹で釜を使っているので、きちんと茹でられて、十分冷されているので、少し透明感があり角のしっかり立ったモチモチ麺でした。
  • 2回目の訪問は、4月に伺いましたがランチ新メニューがありました。
    鴨南蛮うどん(ちりめんじゃこごはん付き)と、鰊うどん(揚げ餅のあべかわ風付き)でしたが、迷ったのですが鴨南蛮うどんを注文しました。
    どちらも期間限定メニューでした
    厚切りの鴨ロース肉がゴロゴロ入った温かいうどんです。
    大好きなネギも、煮込んだ長ネギと薬味用の細く切った生ネギ、それに柚子も入っていて、飽きずに最後まで美味しく食べられました。
    残念な事に、このメニューも期間限定メニューだそうで、現在はまた別のメニューに変わっているようです。

  • うどんを持ち上げると、甘辛い鴨汁の出汁を吸ってて、これだけでもご馳走感が十分あります。
    横に付いているちりめんじゃこご飯も嬉しいですね。
  • 3回目の訪問は夜に数人で伺いました。
    魚金の代名詞でもある「刺身の6点盛り」です。
    数えると12点のネタがありました。
    毎日築地市場に行き、その日の新鮮魚を仕入れる事で有名ですが、どのネタも新鮮で美味しいですね。
    写真には無いのですが、青のり豆腐も注文しましたが、大きくて青のりが磯の香りがとっても豆腐と相まって美味しかったです。
    季節限定の毛ガニの甲羅詰めも食べやすくて、毛ガニの身の甘さも味噌の美味しさも十分に楽しめました。
  • 最後の〆はやっぱりうどん!!「明太クリームうどん(バケット付き)」
    デーンと運ばれてきた丼にビックリ!!
    直径40cm近くあろうかと思われる丼が運ばれてきました。
    これは2人の〆のうどんの量ではありません。
    5~6人のグループで、この1杯で十分ではないでしょうか。

  • 中からうどんを持ち上げてみましたが、普通サイズのうどんで、丼の大きさが解ると思います。
    温かいうどんを注文しましたが、うどんはコシが強くしばらく置いてても食感はかわりません。
    粘りとコシの強い美味しいうどんでした。

  • 最後に板さんの写真を撮らせて頂きました。
    営業時間前の地下1F店舗内で撮りましたが、板さんでありながら礼儀正しく、笑顔で接客して頂きました。
    魚金さんの働く人たちの教育方針がきちんとされていると実感しましたし、どの店も予約がとり難い程流行っている事が理解できました。
    これからも、季節感のある美味しいうどんを提供して下さい。
    また香川より食べに伺います。
カテゴリー: 業務用麺 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved

ページの
先頭へ戻る