讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



さぬきうどんでプライベートブランドを

プライベートブランドを販売

プライベートブランドをご存じでしょうか。特に食品では一般的になっています。スーパーなどが独自に販売しており、似た商品でも他メーカーより安く購入できるのが魅力です。プライベートブランドは食品に限らず、様々なジャンルで増えています。自社のオリジナルブランドを手軽に導入・販売でき、知名度アップや利益拡大に繋げることができます。


しかし、どんな商品をプライベートブランド化するかが問題です。参入が相次いでいるため、他社にはないアイデアで勝負しなければいけません。中々アイデアは出てこないものですが、さぬきうどんのプライベートブランドを販売してみてはどうでしょうか。


さぬきうどんは香川が本場の地元食です。香川へ旅行へ行った際、お土産として購入する方も少なくありません。土産物は生麺のようにもっちりした食感とコシが特徴的で、香川へ行かずとも家庭で本場の味を堪能できます。家庭で製麺する必要もありませんし、生麺と違って日持ちするのもお土産の魅力です。生麺は衛生面でも不安が残ります。


さぬきうどんを自社ブランドに

業務用のさぬきうどんを利用すれば、気軽にプライベートブランドを販売できます。他社にはない独自性の高さはもちろんのこと、自社の知名度アップにも貢献します。一からブランドを作る場合、製麺のために工場へ投資したり、独自に販売ルートを構築しなければ行けません。企業にとっては重い負担となるでしょう。製麺によって商品の品質も変わります。半端な投資では製麺しても良い出来のさぬきうどんはできません。また、本場の香川へスタッフを派遣し、うどんについて学ばせるなどの手間も掛かります。費用だけでなく、時間も必要になるでしょう。


業務用であればそのような問題は全て解決できます。本場再現のために自社で製麺工場を建てる必要もありませんし、品質の心配もしなくて済むのです。生麺は日持ちしないためお土産には向きませんが、業務用は生麺よりも長い期間保存できます。


プライベートブランドで本場の味を家庭でも楽しめるようにすれば、新しい事業として展開することも可能になるでしょう。ブランド化すれば様々な販路を開拓できます。プライベートブランドは無限の可能性が広がっています。しかしライバルと同じでは失敗するリスクもあるのです。オリジナルだからこそ、一風変わった香川のさぬきうどんのプライベートブランドで他社に差を付けましょう。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved