讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



手打ちにも負けない卸の讃岐うどん

本場の讃岐うどんの特徴

讃岐うどんの本場である香川では、個人営業のうどん屋が非常に多くなっています。チェーン店は少なくなっており、店主が一人で切り盛りしていたり、夫婦でうどんを販売しているケースもあります。香川ではごく当たり前の風景ではあり、手打ちの讃岐うどんを求めて地元の方の他、本場の味を求めて県外からも訪れる方が多いのです。お店としては、手打ちのうどんを販売するのが当たり前と考えているケースもあるでしょう。



しかし、讃岐うどんを作る行程はシンプルである一方、店主に掛かる負担も大きく、製麺に多くの労力を割かなければいけないのです。店主が高齢になってくると、製麺作業だけでも一苦労してしまうでしょう。香川ではそのような事情もあるためか、営業時間が短いうどん屋も少なくありません。ですが、逆に考えると販売の機会損失に繋がっていると言えるのです。販売される数も限定されてしまいます。



本場香川のうどん屋では、実はこのような風景が当たり前になっています。営業時間が2時間しかないうどん屋、定休日の多いうどん屋なども少なくありませんが、製麺に掛かる負担が大きいのが一つの理由です。基本的に生麺のため作り置きが難しく、味を追求するならその都度製麺作業をしなくてはいけません。1~2時間に1回うどんを打つ作業は、足腰に掛かる負担も大きくなっています。現在生麺にこだわっているお店でも、相当の労力が必要になっているでしょう。生麺はデメリットも少なくはないのです。



製麺作業を省いて労力削減

しかし、そのような製麺に掛かる労力を削減する方法もあります。労力を削減したいのであれば、麺を卸に切り替えるのが良いでしょう。うどんを打つ作業が必要なくなり、労力を大幅に削減できます。浮いた労力を、接客やサービス向上などに充てることも可能になるでしょう。総合的に考えると、業務用の讃岐うどんを利用する価値があると言えます。



手打ちの生麺を使う場合と比べてのメリットも大きいでしょう。麺は基本的に保存可能なため、売れ残りによる廃棄を減らすことができます。生麺と違って販売の機会損失も削減できるのです。香川のうどん屋では廃棄も日常風景ですが、そのコストは決して安いものではありません。営業時間の自由度も増します。



手打ちにこだわるほど労力の負担は大きくなり、また販売のロスも増えてしまいます。業務用でも本場にも負けない味を提供できます。負担が大きいと感じたときこそ、業務用讃岐うどんを検討してみることをおすすめします。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved