讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



本場のさぬきうどんで多様な販売が可能

本場のさぬきうどんを販売

さぬきうどんと聞けば、多くの方が香川を想像したり、本場ならではのコシや弾力を思い浮かべます。香川では、製麺したばかりの生めんを販売しているうどん屋も多くなっています。しかし、さぬきうどんは飲食店のメニューとして提供されているだけではありません。アイデア次第では、様々な方法で販売することができるのです。製麺したての生めんを他の販売ルートに乗せるわけではなく、業務用を活用することで多様なジャンルに対応します。


様々な飲食店での販売も考えられます。例えば本場である香川の場合、うどん屋以外でもメニューとして提供されています。製麺するために職人を雇い、生めんを使っているお店もあります。もちろん単にうどんとして提供する場合もありますし、和食以外のジャンルでアレンジを利かせた創作メニューも存在します。香川ではこのような事情もありますが、本場にならってアレンジうどんを開発するのも良いでしょう。業務用の麺を使えば製麺の必要もなく、メニュー開発に専念できます。また生めんより保存性が良いため、麺の量を料理に合わせて増減することも可能です。

販売方法はアイデア次第

他にもアイデア次第で用途は広がります。例えばプライベートブランド化したり、さぬきうどんをノベルティとして配ることもできるのです。一見思いつかないようなアイデアでも、方法次第では売り上げや自社の知名度アップが可能になります。プライベートブランドやノベルティでは、他社と同じことを真似ても成功する確率は低いと言えます。そのため、他が考えないようなアイデアで勝負することが重要なのです。


プライベートブランドでは本当に売れるのか懸念されます。しかし、プライベートブランドは自社の強みを活かせるのです。独自ルートを開拓できれば売り込むことも不可能ではありません。香川に行かなくても本場のさぬきうどんを購入できるなら一定のニーズを掴めます。自社の売り上げにも貢献するでしょう。


ノベルティの場合は消費期限に不安が残りますが、業務用は生めんと違って保存性が良く期限も長めです。製麺したばかりのような味をノベルティで提供できるのです。さぬきうどんと言うだけで話題性が十分にあります。ノベルティはグッズにより宣伝効果が変わります。少しでも効果の高いアピールをしたいなら、うどんをノベルティに選択することは悪くないのです。オリジナリティ高いグッズなら、企業やブランドの知名度アップが期待できます。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved