讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



業務用の讃岐うどんでメニューを増やしませんか

本場の讃岐うどんをメニューに

飲食店の明暗を分けるのが提供するメニューです。メニューが多いほどお客様のニーズに応えられるようになり、うまく軌道に乗れば売り上げ拡大を目指すこともできます。販売するメニューをしっかり考え、時には見直すことも重要です。しかしながらメニューを増やすことはお店にとって負担が大きく、場合によってはそれすらままならないケースもあります。


新メニューを提供するためには、食材の仕入れと調理のオペレーションが必要です。仕入れのための経費も膨れ上がり、従業員の負担が増える可能性もあるでしょう。なるべく負担を減らしつつ新メニューを提供するのであれば、業務用のうどんを利用してみてはどうでしょうか。


うどんのうるさい方も少なくありません。ですが、讃岐うどんならどうでしょうか。本場香川の味にも引けを取らない、美味しいうどんを販売すれば、新たなニーズを開拓することも可能です。讃岐うどんメニューとして販売することは、お店の売り上げ拡大のチャンスにもなります。


製麺の手間無く導入可能

業務用であれば製麺の作業が必要ありません。通常うどんと言えば手打ちが多くなっていますが、製麺は非常に労力負担が大きいのです。生麺なら売り切れる前に製麺しないといけませんし、逆に在庫ロスが発生するおそれもあります。生麺は日持ちしないため、製麺のタイミングも重要になるのです。生麺の場合は在庫管理や調理のオペレーションが複雑化し、製麺のための人手も必要になってくるでしょう。業務用の讃岐うどんなら、製麺の手間をかけずに香川の味を再現できるのです。本場香川の讃岐うどんの味を提供してみてはいかがでしょうか。


様々なメニューを考案することもできます。例えばかけうどんの他にもきつね、わかめ、肉うどんなど、多様な種類の讃岐うどんをメニューとして提供可能です。トッピングを変えるだけで大丈夫なため、販売するとしても従業員の負担はほとんど増えません。業務用なら、売り上げに応じた販売のテコ入れも簡単にできます。


香川に行かなくとも本場の味を堪能できることは、お客さんにとっても大きなメリットです。話題を呼び定番メニューになることも考えられます。現在うどんを提供している場合も、麺だけ切り替えるだけで香川の味を提供できます。生麺よりも日持ちするため在庫ロスのリスクも減り、コスト削減にも繋がるでしょう。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved