讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



讃岐うどんのバリエーションは無限大

讃岐うどんの食べ方を再確認



うどんを始めとした麺類には、様々な食べ方があります。オーソドックスな食べ方から始まり、一見すると本当においしいのだろうかと思えるようなものまであります。当然のことながら讃岐うどんにも同じことが言え、実際に調べてみると様々な楽しみ方が見つかります。

変わった調理法を試す前に、まずは基本的な食べ方を再確認してみてください。本場香川の讃岐うどんは、特に手を加えなくても十分おいしく食べられるものだと改めて気づけます。かけうどん、ぶっかけうどん、生醤油うどん、釜揚げうどん、冷やしうどんなどは、多くの人が食べたことのあるレシピです。さらにざるうどんや釜玉うどん、カレーうどんや肉うどんなどもあります。他にも鍋焼きや焼きうどんなど、シンプルな食べ方でもこれだけの種類があるのです。

色々な食べ方のできる讃岐うどん



しっかりと製麺して作られた讃岐うどんは、生めんの味だけでもとてもおいしい料理になります。それでいて味はシンプルなので、どんな食材とでも合わせられる特徴があるのです。時にはご飯のような使い方をすることもあり、それでいてご飯よりも低カロリーなので、そのままダイエット用の食事としても使えます。もちろんそれだけではなく、オーソドックスな食べ方に一手間加えるだけでも別な料理になるので、自分なりのレシピを考えてみるのも楽しい料理です。

暑い日には冷たいうどんを食べたい。そんなときには、冷やし茶漬けうどんがおすすめです。じゅんさいや大葉、生姜に梅干しなどを加えると、夏バテで弱った胃にも元気が取り戻せます。さらにわさびを加えると、ぴりっとした辛さが食欲を増進させてくれます。

野菜などもたくさん食べたい人なら、味噌煮込みうどんがおすすめです。たくさんの野菜を入れるだけではなく、豚肉なども入れてちょっとした豚汁風になっても、それはそれでおいしい料理になります。讃岐うどんは何とでも合うので、ちょっと料理の方向性が変わったくらいではびくともしません。

納豆が好きな人なら、ご飯の代わりにうどんを使った納豆うどんもおすすめです。卵を落とせば、さらにおいしさがアップします。朝食にも良いのですが、朝からうどんをゆでるのは大変かもしれません。だけど、そのためにいつもより早起きしてみるのも良いかもしれません。

ここで紹介したのは、あくまでもほんの一部です。讃岐うどんのレパートリーは、好みに合わせてどんどん増やしていけるので、自分だけのオリジナルメニューを考えてみてください。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved