讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



讃岐うどんをお店で販売しませんか

讃岐うどんをお店で販売

現在飲食店を経営されている方にとって、売り上げアップは頭の痛い問題かもしれません。状況によっては、新しいメニューの考案も必要になってくるでしょう。もし和食を提供しているなら、讃岐うどんを新しいメニューに導入する方法もあります。讃岐うどんは香川発祥のグルメですが、メディアからの注目度は高く、お店の看板メニューとして売り出せる魅力も秘めているのです。本場の味が近所で食べられるとなれば、それだけで話題を呼ぶ可能性もあります。お客様が香川まで足を運ばなくても良いからです。


ただし、本場香川の讃岐うどんを提供するなら工夫が必要になります。生めんを提供するには長い年月を掛けて修行しないといけません。生めんの味は職人の腕に左右されるため、逆に失敗するおそれもあるのです。手打ち生めんにこだわらず、既に作られている業務用を導入することが最も良い選択肢となります。業務用なら製麺しないで讃岐うどんを販売できます。実は製麺作業が一番手間の掛かる行程で、手打ちの生めんを販売しているお店は長い年月を積み重ねているのです。職人が何年も製麺作業し、多くの方に認められて人気店となります。


しかし、メニューを増やすだけでそこまで手間は掛けられません。製麺の作業工程をカットし、販売するメニュー開発に集中できるのが業務用のメリットです。讃岐うどんを気軽に提供でき、新たな顧客の開拓にも繋がります。本場のうどんを是非提供してみてはどうでしょうか。


本場の味で店舗を拡大

香川まで行かなくても美味しいうどんが食べられるなら話題を呼ぶ可能性もあります。上手く軌道に乗れば、店舗拡大のチャンスも出てくるでしょう。うどんは製麺を除いて調理行程がシンプルで、人手はそこまで必要ありません。人件費などのコストを節約しつつ、利益拡大することも可能になるのです。生めんに特有の在庫ロスや機会損失ももありません。


業務用を利用すれば、讃岐うどんのみを提供する店舗の出店も可能になります。単独メニューで勝負するため立地に左右されますが、軌道に乗せやすいのがメリットとなります。マニュアルやオペレーションも統一でき、スタッフ教育もしやすくなるでしょう。これから新しい店舗の出店を考えている方にとっても利益拡大を目指すチャンスです。本場香川の味を提供し、成功させることは不可能ではありません。新メニューの提供に、そして店舗拡大に業務用のうどんを導入してみましょう。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved