讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



讃岐うどんを新たなメニューに

手軽に増やせるメニューの讃岐うどん



本場の讃岐うどんが食べたいけど、なかなか食べられる場所が見つからないと困っている人は多くいます。その際に自宅で作ってみようとする人もいますが、やはりプロの作ったものにはかないません。うどん自体が定番メニューとしても使える食品なのですから、飲食店のメニューを増やすための方法として、プロの製麺した讃岐うどんを仕入れてみてはいかがでしょうか

おいしいうどんを提供するなら、やはり生麺です。しかし大量に入荷しても上手くさばけなければ、あっという間に賞味期限を迎えてしまいます。それならば、半生麺タイプを利用する方法があります。これならそのままでも一か月くらいは保存できるので、とても扱いやすくなるはずです。

大変なのは良質の讃岐うどんの用意



讃岐うどんは、一般的なうどん比べても特徴的ですが、ゆでる際にも気をつけることがあります。注意点といっても特殊な技術を必要とするわけではなく、水をたくさん使う点です。元々塩分が高めの麺なので、そうしなければ味にもかなりしょっぱさが残ってしまうのです。しかしその問題をクリアできれば、手軽においしい讃岐うどんを提供できるようになります。

味付けには色々なレシピがあるので、定番メニューで固めるのも良いですし、オリジナリティのあるレシピを考えるのも一つの方法です。重要なのはいかに高品質のうどんを用意できるのかという点なので、常に高い品質のうどんを購入できる卸は、利用してみるととても助かることに気づくはずです。

調理による味がしっかりしていても、麺が物足りなければ評価は下がってしまいます。なぜなら求められているのは普通のうどんではなく讃岐うどんだからです。本場香川の味を提供できるからこそ新メニューとしてインパクトが出てくるので、それをクリアできるのかどうかで大きな違いが出てきます。

よくうどんを食べる人でも、プロの作った麺を買って楽しんでいる人はたくさんいます。それだけ舌が肥えた人が食べたら、やはり違いはすぐに分かってしまうのです。そんな高品質の麺を定期的に仕入れられるサービスがあるのですから、利用しないのはとてももったいないことです。多少かじった程度で作ったものと、しっかりとした技術を持ったプロが作った物とでは品質に大きな差があります。その点が気になるのであれば、一度自分で試してみてはいかがでしょうか。きっとその違いに気づくはずです。

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved