讃岐うどんの業務用、仕入れ、プライベートブランド、ノベルティなら讃匠



京都府で業務用麺を出している「香東園やましな」さん

  • 京都の高齢者福祉施設「香東園やましな」様の中の「TUBAKI」カフェー 様に伺いました。
    京都市山科区西野野色町15ー88
    電話;075ー595ー6511
  • この施設は香川県高松市の高齢者福祉施設の岡本荘が、京都市に新規建設したものです。
    その中の福祉施設として院内院外を含めて地域住民の交流の場として 「TUBAKI」カフェーをオープンしました。
    施設の入り口を入り、中に進むと樹木の生垣に囲まれた閑静な建物が見えてきました。
  • 施設の入り口を入り、中に進むと樹木の生垣に囲まれた閑静な建物が見えてきました。
    この建物が「TUBAKI」カフェーです。
  • お店の中に入ると、中央には10人が座れる 天然木のビッグテーブルが置かれています。
    それを取り囲むように4人掛けのテーブルがならんでします。
  • 3方がガラス窓になっていて、その一面には作り棚が配置され、京都らしい小物が置かれていました。
    ゆったりとした明るいスペースの中で、食事やカフェーを楽しめるようになっています。
  • 店内のスタンドPOPには、このカフェー施設の目的である「垣根を無くす空間」の説明文が有りました。
    そこには地域住民のコミュニケーションの場として利用して欲しいと書かれていました。
  • 店の奥には調理場がカウンター越しにあり、その中での店長が忙しく作業されています。
  • お昼のランチには香川県出身の施設なので、讃岐うどんを提供されています。
    早速、「TUBAKI UDON」を注文しました。
    小鉢の内容が毎日違ってるようで、今日はキタアカリのクリームコロッケでした。
  • 出てきたセットを見て驚きました。
    大きな丼の中に、沢山の麺!
    聞くとなんと330g入ってるそうです。
  • うどんをすくい上げると、茹でたてを証明するかのような透明感あるれるうどんです。
    一口食べると、ツルツルモチモチしてとても美味しいうどんでした。
    330gのうどんも、軽く完食しました。
    さすが調理人の経験があるので、茹で方もバッチリでした。
    今はかけうどんでの提供ですが、今後ぶっかけうどんメニューを考案し、ドンドン新メニューに挑戦されるようで、楽しみです。
  • サービスで鶏肉の西京漬けのグリルを頂きましたが、お肉の西京漬けは初めてでしたが、美味しさにビックリでした。
  • 倉科店長は、4年間の調理の経験があり、京都らしいお店やメニューを目指しているそうです。
    今のところ店長一人で、接客・調理・仕込み・掃除まで全てやっているので、定休日はあるのですが野菜等の仕込みに行ったりして、ほとんど無休の状態だそうです。
  • 倉科店長、頑張って下さい。
カテゴリー: 業務用麺 パーマリンク


Copyright© Sansyo. All rights reserved